メールでのお問い合わせはこち

町内会へようこそ
 

町田市小山町は、田端遺跡の他に、小山ヶ丘の開発に伴い、旧石器時代、縄文時代及び弥生時代の土器、石器が出土され、以降、古墳時代、奈良、平安時代からこの小山町近辺に人々が暮らしていました。  

安土桃山時代には小田原の北条氏の支配となり、江戸時代は徳川氏の天領地となりました。江戸時代、下馬場地区は小山村下郷となり、明治時代、相原村と小山村は合併され堺村となり、下郷は集落名が馬場となりました。堺村は明治26年神奈川から東京に移管され、昭和33年に町田町、鶴川村、忠生村と堺村が合併され、町田市となりました。  

地名の由来は、昔、馬場(ばば)(馬の競走場)があったこと、鎌倉時代、馬場地区は鎌倉街道の中で重要な位置でありその番人が居た番場(ばんば)があったことから、馬場(ばんば)の地名となったと言われています。

現在、馬場地区は下馬場地区と上馬場地区に分かれ2町内会て活動しています。
下馬場町内会館は戦後食糧難の時代が続く中で、地域住民に新鮮な農産物を供給し食生活の向上に寄与しようとの目的のもとに、昭和33年「馬場出荷組合集荷所」として堺農業協同組合下馬場支部組合員と住民の協力によって建てられました。

当時は「下馬場部落」と称し、居住者は僅か52戸4班でした。昭和48年に下馬場自治会と改称された時には150戸余りに増えていました。

この建物も厳しい時代の中で、初期の目的を充分に果たし、その後の実質の管理運営は下馬場自治会に委任され、自治会館として地域センターの役割を果たしてきました。

平成16年自治会が町内会へと変わり、翌17年には「地縁団体」として認可されたのを機に、集荷所建設発起人の方々のご承諾を得、下馬場町内会所有のものとして保存登記をするにいたりました。

                   下馬場町内会法人化推進委員会 
               Password が必要な場合はお問い合わせください。
                   メールでのお問い合わせはこちら

 

下馬場町内会